Lynx

私たちの住む世界には、季節や年月といったものがありません。日々はたしかにあるのですが、それは決められた時間になるとカウンターが押されていくだけで、ただ積み上げられていくもの、日々が一括りにされ、月や年という単位で数えることに意味を見出せない、時間が巡るという考えがないのです。それではなぜこの文書の冒頭に地球で使われている年月を書いているのかというと、この世界でただ一人の人間であるリンクスが、そういったくりかえす時間を愛していましたから、私もそれに倣って日記をつけてみようと考えたのです。私もかつては人間だったのですが…

ここから先は有料コンテンツです。

ここから先はクラウドファンディングの【ENNOSHITAコース】を
支援された方のみ閲覧できます!